それぞれに魅力あり。

自分にとってのメリットを見極めよう。

  量産:  ○

一般販売:  ○

選手着用:  -

  量産:  ○

一般販売:  ○

選手着用:  -

  量産:  -

一般販売:  -

選手着用:  △

市場価値。

レプリカ:★★★☆☆

オーセンティック:★★★★☆

選手用:★★★★★

基本的には希少性に比例します。

人気チームや人気選手のモデルの場合は、そうでない上位クラスのユニフォームを上回ることもしばしば。

オーセンティックが市販されていなかった80年代などのヴィンテージ物は、レプリカでさえお宝クラス。

美しさ。

レプリカ:★★★☆☆

オーセンティック:★★★★★

選手用:★★★★☆

直線的な寸胴型のレプリカに比べ、上位クラスは大きな『くびれ』など、身体に沿ったシルエットのパターンで作られていることが多い。

​実は選手用は試合前に即席で圧着されることが多く、マーキングやパッチ類の位置が大きくズレていることも少なくない…が、それを『味』とも考えられる。

飾ると最もバランスが良いのは、市販用に作られるオーセンティック。

着心地。

レプリカ:★★★☆☆

オーセンティック:★★★★☆

選手用:★★★★★

スポーツ・ウェアの位置付けと捉えれば、全クラスが一般的なアパレル商品より優れています。

特に上位クラスは各サプライヤーの最先端技術や、通気性や速乾性、吸汗性を追及した新素材が採用されるなど抜群の着心地。

選手用は試合中に選手のプレーの妨げにならないように、注意事項等が記された内タグまで排除されたモデルも存在するほど徹底されています。

耐久性。

レプリカ:★★★★☆

オーセンティック:★★☆☆☆

選手用:★★☆☆☆

耐久性では縫製もしっかりしたレプリカに分があり、普段の着用にはレプリカがお薦め。

機能面で勝る上位クラスは、軽量化のためエンブレム等がラバー素材のモデルも多く洗濯にも注意が必要。大きな大会での勝負服にするか、特に選手用は出来れば額装して家宝にしましょう。

希少性。

レプリカ:★★☆☆☆

オーセンティック:★★★☆☆

選手用:★★★★★

本来は一般に流通することのない選手用の希少性は言わずもがな。

​オーセンティックもレプリカほどの商品数が展開されているわけではないものの、市販されている限りある程度の流通量があります。

集めやすさ。

レプリカ:★★★★★

オーセンティック:★★★☆☆

選手用:★☆☆☆☆

オーセンティックは市販品ではありますが、ホーム用だけが販売されることがほとんどです。

圧倒的に揃えやすいのは、やはり価格もお手頃なレプリカです。人気チームにもなるとアウェイ用はもちろん、近年では3rdモデルまで展開されることもあります。

高額になりがちな選手用は、むしろ集め難くいことが救いかもしれません…。

結論(推奨度)。

レプリカ:★★★★★

オーセンティック:★★★★★

選手用:★★★★★

どないやねん。

などと関西方面からは激しく突っ込まれそうですが、それぞれ目的や魅力が違うので全て正解です。

皆さんのスタイルにあった素敵なユニフォーム・ライフをお楽しみください。

​ジャージアム・ストアで。